競馬初心者が考える何番煎じ予想

タイトル通りまだ競馬1年目の初心者が気になるレースの予想をする内容です
参考になるかわからないのでこんな考えもあるのなぐらいで見てくださるとありがたいです

宝塚記念出走予定馬解説 シュヴァルグラン編

どうもよしのぶです(^^)


今日は枠順が発表されましたね

それは前日にでも予想とともにお伝えできたらなと思います

今日はヴィブロスのお兄ちゃんのシュヴァルグランのことについては触れていこうと思います!


⚫シュヴァルグラン

父ハーツクライ

母父Machiavellian

前走はレコードの春天で2着と好走

上がりは3番目(35.2)

阪神の成績は2-2-2-2と安定してますね

そしてこの馬のポイントは去年の有馬記念、宝塚記念と2015年の京都新聞杯を除けいたレースは全て上がりが3番目以内にいる

2400以上のレースを1年前からよく使うようになってはいますが2000のレースではまだ1度も馬券外なし!

ただ・・・2200は全て掲示板外(^_^;)

そしてこの馬の弱点は・・・3走目のデキ落ちが多いことです

例を上げるとすると・・・

去年の冬のローテ

アルゼンチン1着→ジャパンC3着→有馬記念6着

去年の春のローテ

阪神大賞典1着→春天3着→宝塚記念9着


そして今年は

阪神大賞典2着→春天2着→宝塚記念?着

いずれもキタサンブラックやサトノダイヤモンドがいましたからウインバリアシオン的なポジションになってるのかなと思っていますがGⅠ取りたいなら避けて通れないでしょうね

さぁ今回の3回目でよデキ落ちを克服できるか!?楽しみですね(^^)


さてまとめてみましょう

良い点

阪神2-2-2-2と安定した結果を出している

有馬記念(16)宝塚記念(16)京都新聞杯を除けば常に上がりが3番目以内にいること

33.0~34.9までの上がりが多い

悪い点

阪神は安定した成績ですが阪神の2200は1度も掲示板内なし

3走目のデキ落ちが多い

宝塚記念出走予定馬解説 サトノクラウン編

どうもよしのぶです(^^)

さて今日は宝塚記念の最終追い切りがありましたね

雨の中、調教助手の方も騎手の方も競走馬達も皆お疲れ様です

逆に今回の調教でいいタイムを出した馬達は当日も同じく雨の中でのレースですからいい結果を出すのではないでしょうかと思いながら今日も解説していこうと思います


⚫サトノクラウン

父Marju

母父Rossini


ゴリゴリの外国血統ですね(笑)

前走は大阪杯6着

この馬のポイントは稍重、重の馬場だとよく来る!ってところですよねやっぱり

実際にこの馬の勝利数は6勝ですがその内の3勝は稍重、重の馬場状況の時でした

外国血統だから重い馬場の方が走りやすいのかもしれませんね

あともう一つ面白いのが6勝の内4勝は全て右回りです。初のGⅠ制覇の香港ヴァーズも右回りでしたよね

天気予報では25日は雨、となるとかなりこの馬にとっては展開◎でしょう!!

ただ阪神は2戦使ってますがいずれも掲示板外・・・ですが両方とも6着なので今回はワンチャンあるかもしれませんね!

鞍上は引き続き今リーディング1位のデムーロ!この馬の持ち味をしっかり今回も活かしてくれると思います!

さてまとめに入りましょう(^^)


良い点

今回は雨予報で重たい馬場ならかなりの有力な1頭

全6勝の内4勝は右回りでいずれも2000以上

鞍上はリーディング1位のデムーロ


悪い点

阪神は2戦いずれも掲示板外・・・


こんな感じではないでしょうか

昨日のシャケトラの方が色々書くことがあったのですがサトノクラウンは意外となくて焦りました(笑)

雨が降れば大いに期待できますがその分皆さんわかっているのでオッズに妙味がなくなりそうですね

でも雨が降ってる中でキタサンブラックを負かす馬がいるならこの一頭ではないかなと思います

明日はシュヴァルグランを紹介します

ではまた

宝塚記念出走予定馬解説 シャケトラ編

どうもよしのぶです(^^)

今日もまた更新が遅くなりました…💦

仕事終えてからダラダラしてるといつもこのぐらいになってしまいます(笑)

気をつけないとダメですね(^_^;)

さて今日からは有力馬の解説を1頭ずつ丁寧に解説していこうかと思います

今回も例に漏れずほぼおさらいみたいな内容なのでそのまま復習をかねて見ていってください(笑)


⚫シャケトラ

父 マンハッタンカフェ

母父singspiel


今更かも知れませんが母系は外国血統なんですねぇ・・・

3歳未勝利を勝ってからデビューこそ遅いもののここまでトントン拍子できた感じの馬ですね

ローテも無理なく勝てる勝算のあるところを選んでしっかり結果を出してる遅咲きながら素晴らしいですね

成績も4-1-1-1とほぼ馬券内でポストキタサンブラックを狙ってるかな(笑)

前走は出遅れての9着なら不完全燃焼ですから他の春天組より思ったほど疲れもないような気がします

前々走の日経賞は上がり最速(35.0)で1着でした。

そしてこの馬のことを調べてて驚いたのは春天、日経新春杯を除いたら全て上がり最速!

以前の記事で何度か上がりが一番や二番が多い馬は紹介しましたが4走続けて上がり最速は驚いた!!

そしてこの馬に追い風ともいえることが2つあります。

一つ目は阪神の成績が3-0-0-0と阪神負け無し!しかも宝塚記念と同じ2200を上がり最速(35.2)で勝ってます!!

しかも他の2勝も2000以上とコース適性はあると言っていいのではないでしょうか。

そして2つ目は鞍上がルメール!サトダイが回避ということでルメールに白羽の矢が立ったのでしょうがこの馬にとってはかなりプラスに働くでしょう!

ネット競馬の人気も今のところ二番人気と皆さんお目が高い(笑)

キタサンブラックを破る1頭の有力候補の一つなのは確かですね

では長くなったのでポイントだけまとめてみましょう(^^)


良い点

阪神成績3-0-0-0と阪神成績優秀(2200の勝ちあり)

4歳にしてはあまり使い詰めされてなく無理なローテは組んでいない

鞍上ルメールとかなり強力


悪い点

上がり最速が多いとはいえココ最近35秒台が多く他の馬と比べたとき若干遅い気がする

出遅れて9着とはいえ春天の疲れはないかきになる

こんな感じですかね~

これはあくまでも個人的な感想や知ら得た情報で書かせてもらってるので違うデータ間違った情報も含まれている可能性があるので鵜呑みにはしないで下さい…💦

正直この馬のポテンシャル引き出すにもいいコースで挑めるはずですから今回はやってくれる思ってます


次回はサトノクラウンのことについて触れていこうと思います

ではまた


競馬ランキングへ